歯の矯正をする

歯科の受付

歯科では一般歯科の他に矯正歯科や審美歯科があり、それぞれ歯の悩みを解決するために欠かせないものです。
その中でも歯の矯正を行なっている矯正歯科では、インプラント矯正をすることで失った歯を取り戻すことができます。
昔はワイヤーで歯を引っ張ることで歯の位置を正常なものにしていましたが、その方法では他の歯が抜けてしまう可能性があります。
他の歯へのリスクが高くなってしまうため、現在では医学が進歩したことから歯への負担をかけずに治療を行なうことができます。

矯正歯科でインプラント矯正をすることにより短期間で治療を完了することができます。
通常歯の矯正をするときは長い歳月がかかってしまいますが、インプラント矯正にすれば半年の期間で治療ができるのです。
そのため歯の見た目を良くしたい人にとってインプラント矯正は必要不可欠なものといえるのです。
日々の生活をしているだけでは歯の矯正をすることができないので、矯正歯科なら時間の経過とともに歯を正常な位置にすることができるのです。
インプラントは新しくできた治療法の一つなので、日本全国でこの治療をしている医院は限られています。
近場の歯科医院に訪れるのではなく、まずはインターネットなどで調べることで対応しているかどうか知ることができます。

人工の歯を使って矯正するときは顎の骨に埋め込みますが、大体2ミリの深さで埋め込んでいきます。
深さが浅いので大きな負担を与えることがありませんが、今後の生活で清潔にしておかないと菌が発生して不衛生なものになってしまいます。
人工の歯を埋め込んだ後は定期的に歯科医院へアフターケアをすることで、炎症もなく日常生活を過ごすことができます。

長くならない

矯正歯科のインプラント矯正では治療期間が約半年とされていますが、専門医と相談をすることでその人に合った治療が行えます。
治療の流れはまず専門医とカウンセリングをしてから手術をして少しずつインプラントを定着させていきます。

歯の健康を守る

インプラント矯正では手術をしてインプラントを定着させることで人工の歯を埋めることができます。
アフターケアをしなければ歯周病になる可能性もあるので、定期メンテナンスをしなければなりません。

一次手術

矯正歯科のインプラント矯正では一次手術と二次手術を行なうことで治療完了をすることができます。
人の歯の状態によっては補助手術を行なうことで歯の環境を整えることで手術が可能になります。

Popular Post

安全性がある

矯正歯科で行なうインプラント矯正では失われた歯を取り戻せるということで注目を集めています。
医学の進歩が進むにつれて低価格化して、一般人の誰もが気軽に治療できるようになっています。

危険ではない

医療費の自己負担

インプラント矯正は昔よりも安価で受けることができますが、健康保険に適用されていません。
適用されないことと費用の相場を知っていれば、矯正歯科のインプラント矯正を受けるかじっくり判断できます。

適用されない